ブルーベリーサプリメントはいつ飲むのが最適?飲むタイミングで吸収率や効果に違いはあるの?

サプリメントは薬ではありません。薬事法で規制されているので服用のタイミングというのを記載することは法律上できないのです。ただ実際にはいつ飲むかによって吸収率や効果は違ってきます。どうせ続けるのであれば効率的な服用方法を知っておく方がいいでしょう。

ブルーベリーサプリメントは目や体の健康のために服用されるサプリメントです。ブルーベリーにはアントシアニンが多く含まれています。アントシアニンはポリフェノールの一種ですが、ポリフェノールには強い抗酸化作用があるのです。そのためアンチエイジングにも効果があります。免疫力向上や動脈硬化予防にも効きます。眼球内の毛細血管の血流を改善するので眼精疲労の予防や改善の効果もあります。血流改善は冷え性・肩こりにも効きます。
アントシアニンは青や紫系の色素成分であり、ブルーベリーの青はこのアントシアニンの色です。カシスやプルーンなどにも同じように含まれています。
日本ではあまりなじみはありませんが、ビルベリーという果物もアントシアニンが豊富といわれ、ヨーロッパではビルベリーエキスは目の健康維持のための医薬品として使われているほどです。
ブルーベリーにしろビルベリーにしろ生のままで摂取しようとすると毎日大量に食べなければならず大変です。特にビルベリーは苦くて生食に向かない果実です。良質なアントシアニンを効率よく摂取するにはサプリメントの形は続けやすくメリットも高いのです。自然由来の成分のため副作用の心配もありません。

サプリメントは毎日続けることが大切です。飲むタイミングもですが続けられる価格や食べやすさも重視して選ぶようにしましょう。
アントシアニンは摂取後、腸で吸収され体に取り込まれます。アントシアニンは摂取して2時間ほどかけて血液中をめぐりさまざまな効果をもたらします。しかし24時間後には尿として完全に排出されてしまうのです。そのため1日使用しただけではその日一日の効果しかないのです。やはり継続することが重要なのです。

ブルーベリーサプリメントを摂取する目的として最も多いのは目の疲れを予防し改善することです。飲んでからの即効性が高いサプリメントだからこそ、朝飲むのがベストです。日中の勉強や仕事に備えるのです。ただ昼間は営業で外を回ることが多くて夕方から夜にかけてパソコンに向かうことが多いという方や、ずっとパソコンに向かっての仕事をしているが特に夕方から夜にかけては一日の疲れが出てきて目に負担が出てくることが多いという方は昼頃に飲むほうがよいでしょう。即効性があるサプリメントだからこそ普段の仕事の流れを考えながら調整しましょう。

ただ、できれば毎日同じ時間帯に摂取することをおすすめします。24時間で完全に排出されるというブルーベリーサプリメントだからこそ毎日同じ時間帯に摂取した方が身体のリズムが整いやすいのです。

食前食後食間、どのタイミングが良いかというのも悩みどころですが、ポリフェノールにはたんぱく質と結合してしまうと身体に吸収されにくくなるという特徴があるのです。そのため食後すぐだとせっかく摂取しても吸収されないままに尿として流れていってしまいます。だからといって胃に何も入っていない食前に飲むのもあまりおすすめできません。ブルーベリーにはタンニンやビタミンCも含まれています。これらの成分は胃に負担をかけやすいという特徴があり、からっぽの胃に入れていると胃を痛める危険性もあるのです。理想的なのは食事をしたあと30分ほどすぎてからです。こうすれば胃に負担がかからずたんぱく質の影響も受けにくいです。
しかしながら、食事を取ってから30分もたってからというと飲み忘れてしまうことが多いというのであれば、食後すぐでもかまいません。とにかく毎日続けることの方が大切なのです。
身体に対して即効性があるとはいえ、目の疲れや冷え性・肩こりなど本当に効果を実感できるまではすぐに効くわけではありません。薬ではなくサプリメントはあくまで食品の一種です。即効性があるものはその分、副作用だって強いのです。
とにかく半年くらいは続けて飲み続けるようにしましょう。摂取しているのとしていないのとでは将来的には大きく違いはでてくるはずです。もちろん悪い影響が出てきてしまった場合はすぐにやめて医師に相談することが大切です。
続けたからといって必ず実感できるわけではなく体質的にそれほど変化がない方だっています。

ブルーベリーサプリメントをどうせ続けるのであればビタミンCと一緒に飲んだり、一緒に配合されている商品を選びましょう。ビタミンCはさまざまな栄養素の吸収率を高めてくれます。アントシアニンと同じように抗酸化作用も高いです。より良く効くことになるでしょう。

ブルーベリーサプリメント商品はさまざまありますが、毎日続けるものです。安全性や飲みやすさ・一緒に配合されている成分・お値段など総合的に見てから選ぶようにしましょう。

そもそもアントシアニンとは

アントシアニンとはポリフェノールの一種で、紫色の色素のことです。ブルーベリーやビルベリー、紅芋などに含まれており、独特の紫色の元となっています。そしてアントシアニンには様々な効能があります。その一つはアンチエイジング効果です。人の肌や内臓の老化の原因は体内に存在する活性酸素です。活性酸素が細胞を酸化するため、機能が低下したり肌にシワやシミができやすくなるのです。アントシアニンにはそんな活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用があります。そのため、摂取することで美肌効果やアンチエイジング効果があるのです。また、活性酸素は生活習慣病の要因の一つとも考えられています。内臓機能を低下させ、免疫力の低下を引き起こすからです。ですからアントシアニンはそんな生活習慣病の予防ができる栄養素としても注目を集めています。そして、アントシアニンの効果を活かしたものと言えばアイサプリです。なぜならアントシアニンには視覚をハッキリさせる効能があるからです。人は目で何かを見る時、網膜に光が入り、網膜内のロドプシンという物質が反応することで脳に信号を発し、見ることができています。ロドプシンは網膜内で分解・再合成が繰り返されますが、パソコン仕事や細かい手作業など目を酷使すると、ロドプシンの再合成が間に合わなくなってしまいます。すると視覚がぼやけたり、目の疲労感が出たりするのです。アントシアニンにはこのロドプシンの再合成を促す効能があります。しかも摂取するとすぐに効果が現れることから、アイサプリに多く用いられているのです。また、この成分には目の毛細血管を強化したり、目の水晶体を保護しているコラーゲンを安定させる効能もあるので、視力改善や眼精疲労の予防にもなります。
このようにアントシアニンは色素の一つで、様々な健康効果や美容効果があります。中でも、よく知られているのはアイサプリとしての効能です。目が疲れやすいという方にはこれを豊富に含むサプリがおすすめです。

目に良い成分ゼアキサンチンとは

ゼアキサンチンとはカロテノイドの一種です。とはいってもカロテノイドとは何かをまず解説しないといけないでしょう。カロテノイドとは、似たような言葉としてカロチンとかカロテンについては聞いたことがある人もいるかもしれません。ニンジンの橙色がまさにこのカロテンという化合物による色なのですが、これと似たような化学構造を持った一連の化合物のことをカロテノイドと呼ぶのです。
ちなみに、カロテンとカロチンは全く同じものを指します。慣用的にどちらの言い方もされているだけで、どちらでも間違いではありません。ニンジンのことをキャロットと呼びますが、それが語源になって名づけられたものです。
少し話しがそれましたが、このカロテノイドはいろいろな植物が合成する天然の色素であり、ニンジンのような橙色を中心として、黄色から赤色あたりの色を持っていることが多いです。少し化学的にいうと、合計40個の炭素から構成され、それが長い鎖のようになっていて、両端にはそれぞれ炭素6個の輪がくっ付いたような構造を持っています。そして、効能としては主に抗酸化作用を有しています。
ゼアキサンチンもこのようなカロテノイド色素の一種で、黄色をしています。天然にはトウモロコシ、パプリカ、ホウレンソウなどに多く含まれます。これらの野菜から摂取できるのですが、実は卵黄の黄色も、全てが全てではありませんがゼアキサンチンの色も含まれています。さきほど植物が合成すると言っていたのに、なぜ卵黄に含まれるのかと思ったかもしれません。これは別に鶏が合成能力を持っているわけではなく、飼料として与えられるトウモロコシに含まれるゼアキサンチンがそのまま卵黄に移行しているのです。
このゼアキサンチンの効能ですが、目を保護する働きがあると言われています。ヒトの体内では基本的に目の網膜だけに存在し、目における抗酸化作用、目にとって有害な光、いわゆるブルーライトから目を保護する働きがあると言われているのです。

ブルベリーサプリの選び方

ブルベリーサプリを選ぶときにはまず配合量を確認します。
中でもアントシアニンの含まれている量が重要でこの成分が必要量ちゃんと配合されているかが必須です。

同じエキスでも1mg当たりに含まれるアントシアニンの量が種類によって違うのでこちらもチェックします。
ブルベリー以外にも目によいサポート成分とされるルティンの量も重要です。

ルティンはカロテノイドの一種で網膜の中心にある黄斑の色素濃度を高め、物をはっきりとさせるために必要な力を高める効果がります。

メグスリノキも日本で古くから飲まれていたもので、これ以外にも相乗効果があるサプリを選ぶことが大切です。
アントシアニンを多く含んでいる品種はビルベリーで、最近は殆どのサプリに使用されています。

アントシアニンは老化現象やパソコンなどを使った後の辛い症状を和らげる効果があります。
どのぐらい配合されているかは1mg当たりブルーベリーの何個分といった表記でされています。

有効成分がしっかりと配合されている以外に、コスパが良いものも長く続けるには欠かせません。
初回お試し価格などで買いやすくしていますが、ポイントは2回目以降の価格です。

続けやすい価格であり、比較するときにはサプリの価格を1日当たりの単価で比べます。
また、ブルベリーの吸収率も重要です。

最近は体に吸収されやすいようにナノ化されたものもあり、同じ量を摂取してもナノ化された方が含まれている有効成分がとりやすいです。

日本を代表するブルーベリーサプリメント情報

やわたの「北の国から届いたブルーベリー」

北の国から届いたブルーベリーは、消費者庁にわかりやすく機能を表示された機能性表示食品に届出されたものです。
アントシアニンはポリフェノールの一つで、紫外線から身を守る為に出来る天然色素です。
ビルベリーはブルーベリーの一種で、北欧で育てられ日本の1.5倍という日照時間の中で育てられる為、たくさんのアントシアニンを蓄えています。
そのアントシアニンを多く含んだビルベリーエキスを1粒に60個分を詰め込んだビルベリー配合量となっています。

大正ブルーベリー

大正ブルーベリーはビルベリーという野生種ブルーベリーを使用しています。アントシアニン含有量が栽培されたブルーベリーよりも高いと言われており、加えて人間が不快に感じると言われるブルーライトを吸収する性質「ルテイン」も配合されています。
溶けやすく吸収性の良いソフトカプセルになっており、その成分は黒コショウより抽出しています。
持ち運びに便利なアルミ個包装になっているので、1日の量がわかりやすく、しかも劣化を防ぐことが出来ます。

リフレの「ブルーベリー&ルテイン」

目の疲労感を感じる時におすすめのサプリはリフレの「ブルーベリー&ルテイン」です。機能性表示食品でもあり、目に良いとされるブルーベリーの中でもブルーベリーの王様と言われる北欧産ビルベリーをふんだんに使っているので良質のアントシアニンをたっぷり含んでいます。また目の黄斑部と呼ばれる場所の健康を守るルテインも配合されているので、眼精疲労を感じる時にはおすすめの商品です。さらに、アントシアニンとルテインの体内への吸収率をアップさせるミルトアルゴスという成分も含まれているので、目に良い成分を無駄なく吸収することができるのです。

FANCLの「えんきん」

最大の特徴は日本初の目のピント調節をサポートする機能性表示食品ということです。
機能性表示食品とは、科学的根拠に基づいた機能性(特定の保健の目的が期待できること)を表示した食品のことです。
成分には、DHA、アスタキサンチン、ルテイン、シアニジン-3-グルコシドが含まれており「手元のピント調整機能」を助けると共に、目の使用による肩、首筋への負担を減らします。
合成着色料、香料、保存料は無添加のなので安心して飲むことが出来ます。