栄養素で選ぶことも大事な健康食品 | ブルーベリーサプリ|日本一はどれ?おすすめ最強比較ランキング

栄養素で選ぶことも大事な健康食品

毎日パソコンの前で長時間の作業や、気が付けばスマートフォンで夢中になってゲームという人は多いでしょう。知らず知らずのうちに酷使している目のために、何か健康食品を摂ろうと考えるなら、栄養素に着目することが大事です。

目を酷使する状況を考えてみると

目から大部分の情報を仕入れる現代社会に生きている人たちの多くが、目を酷使している状態にあります。何時間もパソコンのモニターとにらめっこしていたり、気が付けばスマートフォンの小さな画面を食い入るように見ていたりと、知らず知らずのうちに目を使いすぎてしまっています。挙句の果てに肩こりや頭痛がしてきて、時には吐き気まで催してくるとなると、この状況に至るまでに何とか対策を取らねばなりません。そのために一役買ってくれるのが、サプリです。薬とは違って食品ですので、副作用もほとんどなく、いつでも飲めるところが人気です。

栄養素に着目して選ぶことが大事

目のためによいブルーベリーサプリの代表は、なんといってもブルーベリーです。なかでもビルベリーと呼ばれる野生種はアントシアニンの含有量が多いので、疲れ目や眼病予防により高い効果を発揮してくれます。そんなブルーベリーと一緒に摂りたいブルーベリーサプリが、ルテインです。緑黄色野菜に豊富に含まれるベータカロチンという栄養素を含んでおり、ブルーベリーと一緒に摂ることで疲れ目や眼病予防に対して相乗効果を発揮してくれます。ルテインの最大の特徴は、青色光から目を守ってくれる働きがあることです。青色光を発するものとしておなじみなのが、パソコンやスマートフォンのモニター、そしてLEDライトです。

40代になったら必須栄養素を考えよう

ルテインはもともと体の中に存在しますが、40代くらいをピークに減っていき、体内では生産できないことからどんどん減ってしまいます。そのため、食べ物から積極的にベータカロチンを摂取することが大事ですが、ホウレン草やカボチャ、ブロッコリーなどの野菜を毎日きちんと摂取するのはむずかしいでしょう。そこで、ルテインを含むブルーベリーサプリを活用するのがお勧めです。ブルーベリーと謳っている商品にはルテインを含んでいるものもたくさんありますので、栄養素を確認し、ルテインもしくはベータカロチンと書かれているものを選ぶと、アントシアニンと一緒に抗酸化作用に優れたベータカロチンが摂れます。

まとめ

疲れ目や眼病予防に効果のある栄養素を摂りたいと考えたとき、真っ先に浮かぶブルーベリーと一緒にルテインも一緒に摂ることにすれば、互いに相乗効果を発揮してより強固に、さまざまな有害物質から大切な目を守ってくれます。




このページの先頭へ