目の健康状態を維持するクロセチン | ブルーベリーサプリ|日本一はどれ?おすすめ最強比較ランキング

目の健康状態を維持するクロセチン

クチナシの実であったりサフランなどに多く含まれる、ブルーベリーサプリでも活用されている成分がクロセチンです。黄色の天然色素となっていますが、目に良いといわれている成分として活用されています。効果や摂取量などを理解しておくといいでしょう。

眼精疲労に役立てる効果を持っている

ブルーベリーサプリで活用されているクロセチンの主な効果は眼精疲労を軽減させることです。目というのカメラのレンズと同じようにピントを対象物に合わせていきながら、遠くもしくは近くの対象物をはっきりと見ていくことが出来ます。そこでレンズと同じような役割を担っているのが水晶体となっており、厚みを変えながら働いています。毛様体筋を利用し続けると疲れてきてしまいますので、目の血流も悪化します。こうなると目にある組織が栄養不足となり、眼精疲労を促進してしまいます。そこでクロセチンは毛様体筋へ直に働いていき、眼精疲労を減らしていきます。

スマートフォン対策などで役立つクロセチン

現代社会において、ブルーベリーサプリに含まれるクロセチンは効果が高いといえます。というのもスマートフォンやパソコンなどから発せられるブルーライトから目を守ってくれるメリットがあります。また紫外線も強い光を放っており、網膜へダメージを与えていきます。ダメージの蓄積が黄斑変性症などを患ってしまう原因となってしまいます。症状がひどくなってしまうと失明の可能性もあるため、医療機関でも重宝されるのがクロセチンです。ブルーライトのダメージを目を守っていけるように、ブルーベリーサプリでも導入していますので、定期的にサプリメントを摂取していきましょう。

摂取すべきクロセチンの最低目安量

多くのブルーベリーサプリで導入されているクロセチンですが、一日で摂取すべき目安量として通常な体型を持っている人であれば3ミリグラム程度で構いませんが、目の健康に対して不安を抱えている人であったり眼精疲労で日々悩む人は6ミリグラムから10ミリグラム摂取すべきといわれています。摂取していくためには、ブルーベリーサプリだけでなくクチナシの実であったりサフランでも摂取可能ですが、最低でも2グラムは取らなければなりません。大量に摂取する必要がありませんが、高価な商品となっていますのでサプリメントから摂取すると安上がりです。定期的に摂取していくといいでしょう。

まとめ

ブルーベリーサプリでは目の健康に効果を発揮する成分が豊富に含まれています。中には高額の素材を利用していることがあり、絶大な効果をもたらしてくれることもあります。クロセチンを含んだブルーベリーサプリをしっかりと服用して、目の健康状態を維持していきましょう。




このページの先頭へ